トップページ > お知らせ一覧 > 小屋近くのバンダイクワガタと沼の平のテガタチドリ

小屋近くのバンダイクワガタと沼の平のテガタチドリ

2020/06/14(日)
今日の磐梯山は、朝は晴れ、その後曇りで昼前から雨です。
今(午後8時)も雨が降っています。
今日は、荷揚げを手伝っているS久間さん夫妻が登ってきました。
猪苗代登山口とお花畑の分岐で、バッタリ「おはようございます」の嬉しい遭遇でした。
午前中の雨が降る前に小屋の近くのバンダイクワガタをアップで撮影しました。
昨年より勢力を増しました。
10日ほど前から、沼の平の「ウバユリ」の球根がイノシシ(この地域は「イノブタ」だといわき市の猟師さんが教えてくださいました)に食べられています。
地面から約10センチメートル程度の深さに球根があります。
イノシシさんは、その球根を掘り器用に球根の固い外皮の中だけを食べていきます。
イノシシさん! このホームページを見ていたら、掘り返した球根の穴は、食事後に埋め戻してくださいますよう、お願いいたします。
そんな沼の平ですが、今、ハクサンチドリが満開です。
雨の中の下山途中、ハクサンチドリによく似た「テガタチドリ」が今年も姿を見せてくれました。
比較するわけではありませんが、ハクサンチドリより控えめな容姿です。
沼の平のグンナイフウロの開花はまだです。
<<戻る
- Powered by PHP工房 -